歯の美しさを発揮|トゥーストゥースムービング

hospital experts

インプラント手術

抜けた歯の放置はダメ

虫歯や歯周病などで歯が抜けてしまったとします。でも、抜けた歯が1本あっても食べる時に工夫して食べればそれほど気になることでもないし、生活に支障がないから治療しなくていい、それは今はいいかもしれませんが、1本抜けた歯があるとその周りの歯が虫歯になりやすくさらに溶けて抜けやすくなってきやすいのです。そのため抜けた歯があったらそのままにせずに、必ず歯科医院で診てもらって適切な治療をしてもらうことが大切なのです。1本だけなら気にしなくてもいいというのではなく、それは歯が1本ないと噛み合わせが悪くなります。そうなると体の他の箇所にも支障をきたして、重大な病気につながる恐れもありますのでインプラントなど適切な治療が必要です。

インプラントを埋め込む

抜けた歯の治療として、最近人気なのがインプラントです。これまでであれば入れ歯やブリッジがあったのですが、これらの治療であるとブリッジは抜けた歯の周りを少し削ったり、入れ歯も入れやすくするのに多少歯を削らなければならないなど他の歯にも負担がかかります。それが、インプラントであれば他の歯を削るような治療ではなく、顎の骨に直接埋め込む治療法になります。また、しっかりと骨に埋め込みますので噛み合わせがブリッジや入れ歯と比べると強度があります。天然の歯と遜色ないほどの噛み合わせる力がありますので、これまで通り天然の歯と同様の使用感があります。見た目も天然と歯と見間違えるほどですので、インプラントは最適な治療方法となります。