歯の美しさを発揮|トゥーストゥースムービング

hospital experts

歯の矯正

目立たない

最近はどんどん審美性に優れた矯正システムが開発されています。透明なので目立たず、取り外し自由でストレスフリーなのがマウスピースを使用して行う矯正です。 インビザラインシステムはアメリカで発明されたノンワイヤー矯正の一種です。ワイヤーやブランケットは一切使用せず、医療用の極薄なプラスチックを使用して歯を動かしていきます。 インビザラインシステムは最初に三次元的に歯の移動をシュミレーションし、段階別にマウスピースを20個から60個ぐらい作成します。そして治療中は数週間おきにマウスピースを取り替えて歯を移動させます。透明なので目立たず、歯磨きをする時は取り外す事ができます。 最近新しく開発されたクリアアライナーは、インビザラインよりも薄く目立ちにくいマウスピース矯正として人気が高まっています。

治療をするときの注意点

インビザラインなどのマウスピース矯正は、出来る人と出来ない人がいます。非抜歯で矯正ができる人、歯の根の移動が少なく矯正が出来る人、1日20時間以上マウスピースを装着できる人、これにすべて当てはまるのがインビザライン矯正ができる人です。一つでも当てはまらないとインビザラインシステムによる矯正はできないことになります。 インビザライン矯正を始めたら、だいたい2週間に一回くらいのペースでマウスピースを新しくするためにクリニックに通院する必要があります。これをさぼってしまうと矯正が終了するまでの期間が長くなり、さらに矯正の仕上り具合にも影響を及ぼしてしまいます。必ず通院スケジュールを守ることが大切です。